skimemo


skimemo - 日記/2015-01-04/20150104さかえ倶楽部

_ 20150104さかえ倶楽部

前から気にはなっていたさかえ倶楽部。
でも東京から日帰りはさすがに無理です。
行くには湯沢から峠越えをするか、長野から延々北上する必要があります。
湯沢近辺の苗場やかぐら、GALA三山あたりをスルーするのも、北信州の斑尾、Mt.KOSHA、志賀、野沢温泉をスルーするのも、相当のさかえ倶楽部へのモチベーションが無いとできません。

今回は、一泊二日で一日目が八海山だったため、二日目のスキー場として選択してみました。
もちろんモチベーションとなったのはこのポスター(笑)。

top-image.jpg


道の駅からR117を走ると2分程度でさかえ倶楽部の看板。
アクセス路は綺麗に除雪されています。

P1040001.jpg


程なくしてスキー場に到着。

P1040002.jpg
P1040003.jpg

日曜の8時過ぎですが、車は3台ほど(笑)。

一日券を購入します。
昼食とセットで4,000円也。

P1040004.jpg


この日は圧雪日でしたが、非圧雪コースももちろんあります。
これは上部のCコース。

P1040005.jpg


こちらはええと、Aコースかな。
人が少ないのでいつまでも圧雪跡が綺麗に残っており、カービングが気持ちよいです。

P1040007.jpg


Cコースを上から。
昨夜は気温が0〜1度程度だったため、重くて非常に滑りづらいです。

P1040008.jpg


急斜面も多いですが迂回路も充実しています。

P1040009.jpg


リフト乗車中、パトロールの人が支柱の根元を掘ってました。
何してるんでしょうね。

P1040011.jpg


掘った跡を見るとこの深さ!
5mぐらい?

P1040012.jpg


これはEコースかな。
綺麗に圧雪された急斜面が、練習にもってこいです。
平日パウダー日はまた別の楽しさがあるでしょうね。

P1040013.jpg


Aコース下部ではポール張ってました。
連れが上から下まで直滑降して楽しんでました。

P1040014.jpg


休憩所で備え付けの雑誌など読みながらまったりして、これで年末年始連休は終わりです。


さかえ倶楽部の休憩所に置いてありました。 子供を滑らせておいてダベるには最高の環境です、さかえ倶楽部。
私もここで特集「雪山滑走のリスクを考える」を考えてみました。
Category: [スキー] - 14:32:59



 
Last-modified: 2015-01-18 (日) 13:00:40 (2197d)