skimemo


skimemo - 日記/2013-01-15/スノーボーダーの30年後

_ スノーボーダーの30年後

リターンスキーヤーが多い。
昔はなかったシニア券も、どのスキー場でも見るようになった。
三浦敬三さんの例を見るまでもなく、スキーは生涯スポーツだと思う。

ではスノーボードはどうか?

先日、会社の飲み会で、「○○君は世代的にはスノーボード?」というような会話が聞かれた。世代で分けるものでも無いと思うが、10代20代はボーダーが多いのは事実。
彼らは20年後30年後、スノーボードを続けているのだろうか?

スノーボードの楽しさは、私は未経験者なので分からない。
でも、跳んだり跳ねたり回ったりが楽しそう。
と同時に、これっておじさんおばさん、おじいさんおばあさんになっても出来るんだろうか? と考えてしまう。

ウィンタースポーツ業界は、ボーダーが高齢者になっても楽しめる何か(ボーダーのまま楽しむのか、スキーやその他の形態に移行するのか)を提示しないと、20年後には急激に人口が減って著しく衰退するんじゃないかと、ちょっと心配。


スノボ引退しても楽しめるものっていったら、やっぱりスノーシューですかねえ。
でもちょっと違う気もする。
もっと雪山の楽しさをアクティブに享受できて、体への負担の少ないものって無いでしょうか。

Category: [スキー] - 23:53:04



 
Last-modified: 2013-01-16 (水) 00:17:43 (2932d)